2B3AAADB-BACC-4D78-993D-51C264C85CD6_edited_edited.jpg

Mariage

「マリアージュ」はフランス語で「相性」などの意味をもち、

ワインと料理の相性を指す言葉。
別々の存在であったものが出会い、
共に新しい世界を創り上げるという楽しみ方。
私たちは風味を重ね、相性を組み合わせるた、
新しいプリンの楽しみ方をご提案いたします。

IMG_0721 2.jpg

Caviar

​シャンパーニュ

ルネ・ジョリー
ブラン・ド・ノワール
ブリュット

黒ブドウの高貴品種「ピノ・ノワール」を100%使用した、コクのあるシャンパーニュ。ピエール・エリック・ジョリー家族が5人で手がけた、手造りの味わいです。きめこまやかな泡、豊かな風味。熟成された香りを持ち合わせ、口の中に長い余韻を残します。誰からも認められ、愛されるおいしさ。

 

【新たに生まれる風味のマリアージュ】

黒ブドウとホワイトチョコレートの“コク”、シャンパーニュとキャビアの“旨味”がそれぞれつながり相乗効果をもたらします。シャンパーニュの辛口の味わいとキャビアの塩味は、鮮やかなコントラストをなすベストマッチ。さらにアロマ・リカー「オールドラム酒」の香りは、シャンパーニュの“熟成香”や風味と重なり合います。次々と生まれるマリアージュは、後味の余韻に新たな感触を浮かび上がらせます。

IMG_2182.jpg

Truffle

​樽熟成 白ワイン

ドメーヌ・ポール・マス

トワベー オーモン

​シャルドネ

生産者であるジャン・クロード・マスは、バランスの取れたワインの造り手として南フランスでその名を知られる存在。太陽いっぱいの南フランスで育った「シャルドネ種」をオーク樽(新樽比率1/3)で9ヵ月熟成。

パイナップルの香り、新樽熟成由来のバニラの香り、樽熟成9ヵ月によるまろやかな酸味が特徴のワインです。

 

【包み込むマリアージュ】

南仏育ちのシャルドネ種の「果実味」、樽熟成による「柔らかな酸味」、ワインの「適度なボディ」がプリンの風味を包み込むマリアージュ。後味は、馴染んだ風味が優しく爽やかな余韻として口中に広がります。

IMG_2183.jpg

Cheese

貴腐ワイン

クレスマン ソーテルヌ

​樽熟成 白ワイン

ボルドー地方の安定の造り手・クレスマンによる、貴重な貴腐ワイン。世界三大貴腐ワイン産地・ボルドーソーテルヌの中でも、格付けシャトーのものはしつこいくらい濃厚な甘さになるため、クレスマンが手がけたスッキリとした甘さの貴腐ワインをセレクトしました。大人が好む、風味豊かな甘さを楽しんでいただけます。

 

【フレンチ基本“味の不連続性”マリアージュ】

チーズプリンを特徴づける、オレンジ風味のマヌカハニー。口の中でチーズと調和したところで貴腐ワインを口に含むと、その蜂蜜の香りがマヌカハニーの味わいとなめらかにつながります。さらにスパイスのようなオレンジの風味、マヌカハニーの独特の風味、ドランブイの風味が、ソーテルヌの貴腐香と重なり合い複雑味のマリアージュが完成。後味の余韻として、オレンジの風味とスパイスの合わさったドランブイの風味が、ほんのり心地よく残ります。

IMG_2185.jpg

Amazake

樽熟成 白ワイン

ボーグル ヴィンヤード

​シャルドネ

カリフォルニア・ボーグルファミリーが手がける、コストパフォーマンスの非常に高いワイン。彼らの造るワインは、どれも外れることなく期待に応えてくれます。新樽50%、ステンレス樽50%で発酵。新樽で8ヵ月熟成の醸造からくる酸味と、柔らかでボディーがしっかりした酒質。飲みごたえのある、上品でまろやかな辛口シャルドネ種白ワインです。

 

【1+1=3の世界 お手本マリアージュ】

ワインの樽熟成した風味、乳酸発酵による酸味、カリフォルニアの太陽を浴びたシャルドネ種からくるしっかりとしたボディ。それらが、醤油バタースプレッドの醤油の風味、バターの風味、プリンのまったりとした厚みのある味わいと、それぞれ見事につながり重なり合います。またアロマ・リカー「アルマニャック」の熟成香は、ワインのシャルドネ種の特徴をより引き立てます。いくつもの要素が複合的に混じりあうことによって生まれる、双方にない新たな魅力。相手によってお互いの良い部分が引き出される様は、マリアージュのお手本のようでもあります。アロマ・リカーの「アルマニャック」を多めにかけると、ワインのよさがさらに際立ち、大人のマリアージュを味わっていただけます。

IMG_0725.jpg

Ginger

​微発泡 赤ワイン

カビッキオーリ

​ランブルスコ・ロッソ・ドルチェ

パルマ生ハムで有名な、北イタリアのエミリア・ロマーナ州で造られたワイン。造り手のカビッキオーリは、名産の弱発泡赤ワイン「ランブルスコ」の手本となるような生産者。ランブルスコには、「セッコ(辛口)」と「ドルチェ(甘口)」がありますが、今回はタンニン(渋味)の弱い甘口のドルチェをセレクトしました。現地では、生ハムと合わせて楽しまれています。

 

【ビシッと合うわかりやすいマリアージュ】

甘口のランブルスコですが、持ち合わせている赤ワインの黒ブドウの風味が、生姜蜜のアクセントになっているシナモンの風味をうまく包み込みます。そして黒ブドウ由来のわずかな渋味が生姜の風味と手をつなぎ、寄り添いあって、最終的に風味を引き立てる役割を果たします。まっすぐにわかりやすい味わいのプリンに、ワインがしっかりと太刀打ちするマリアージュ。